診療案内

小児歯科

pedodontics

お子さまの気持ちを優先した
やさしく丁寧な診療。
小さな頃から歯科医院で定期検診を受ける習慣を身につけることは、
生涯の健康に大きく影響します。
とも歯科クリニックでは、お子さまの気持ちに寄り添うやさしい治療や楽しく通える医院づくりで
お子さまに「また行きたい!」と思っていただけるよう努めています。

お子さまを
歯医者嫌いにさせないために

*

お子さまの気持ちに
寄り添う取り組み・診療
子どもの頃に歯科医院で嫌な思いをしてしまうと、大人になってからもその印象が根付いてしまい、歯科医院を苦手と感じてしまいます。
大人になるまで長期にわたりお口の健康を支え続けるためには、まずは歯医者嫌いにならないことが重要です。当院では、年齢やお子さまの状況に合わせたやさしく丁寧な対応で歯医者嫌いにさせないように心がけることはもちろん、ご家族で通院しやすい医院づくりにも配慮しています。
小児歯科専門の女性歯科医師だからこそできる
お子様の気持ちと成長に合わせた診療
お子様の診療には、主に小児歯科専門の女性歯科医師があたります。優しく丁寧に対応してくれるので、小さなお子様も怖がらずに受診していただけます。
また、定期的に診察している矯正歯科医との連携もはかり、お子様の成長に合わせて、咬み合わせや歯並びの正常な発育を管理できます。

*

歯医者さんをもっと楽しく、好きになってほしい!*

楽しく歯医者さんに通えるように
お子様限定のサポートをしています

  • *

    思いきり遊べる
    キッズルーム

  • *

    ガチャガチャやシールの
    プレゼント

  • *

    クリニックのお祭り
    (通院中のお子様対象)

  • *

    半年に1回
    無料で唾液検査

大切なお子さまの今と、
この先の健康のために

*

定期的な受診によって、
むし歯に強い健康なお口づくりをサポートできます
『保育園・幼稚園・学校検診で虫歯はなかったようなので』と安心しているお母さん、お父さん方も多いのですが、公的な検診では環境 (暗い、唾液、時間が少ない等)があまり良くないこともあり、小さな虫歯の発見は難しい場合があります。
歯質が弱い時期である0~12歳の検診は学校での1年に1度の検診だけではなく、3~4ヶ月に一度の歯科医院での定期検診(フッ素塗布など)をお勧めしています。
お子さまを
虫歯から守るためのポイント
  • 感染源の除去
    感染源となってしまうことを回避するためにも、ご両親や周囲の大人の方のお口を清潔に保つことを心がけてください。
    虫歯がある方は早急に治療を行い、毎日の歯みがきはもちろん、歯科医院での定期的なケアやクリーニングを受けてお口の状態を整えましょう。

    *

  • 感染経路の遮断
    口移しや、お子様との口どうしのキスを避け、スプーンやフォークなどの食器は大人と子どもでしっかり分けて使うよう心がけましょう。
    また、虫歯菌の働きを阻害できるキシリトールをうまく活用することで、安全なスキンシップにつながります。特に、無糖、糖類0g、シュガーレスなどと表示されている製品がお勧めです。

    *

  • 抵抗力・歯質の強化
    上記のような周りからの感染予防と併せて、歯科医院での歯みがき指導、歯の溝を埋めるシーラント填塞、フッ化物(フッ素塗布)など活用することで、お子さま自身の歯の抵抗力・歯質の強化を目指しましょう。
    • *

      歯みがき指導

    • *

      シーラント
      填塞

    • *

      フッ化物の
      活用

    POINT

    笑顔で歯磨きタイムを送ることができるフルーツ味の子供用ハミガキもございます。詳しくは当院受付にておたずねください。

    *

保護者の方へのお願い
お子さん自身がやる気を持ち喜んで歯医者に通えるように、保護者の方は「歯磨きしない子は歯医者さんで歯を削られるよ」といった脅し文句や、来院前に「注射するよ」「悪い子は歯医者さんに怒られるよ」などといったマイナスな言葉は言わないようにしてください。
歯科治療は大人が平気だと思っていても、子どもにとっては大変なこと。本人の気持ちを支えてあげるためにも、治療後はお子さまをたくさんほめてあげてください。

お子様が喜んで通院できるように

歯の生え変わり時期も要注意

*

『乳歯はいずれ永久歯に生え変わるからいいわ』
と虫歯になっても放置していませんか?
確かに歯自体は生え変わるため、乳歯がむし歯になっても永久歯には影響が無いように感じてしまいます。しかし乳歯には、永久歯を丈夫に正しい位置に生やすための準備をする重要な役割から、あごの骨の成長、正常な噛み合わせ、知能の発達など、今後の口腔環境だけでなく成長そのものに影響を与える役割があります。そんな乳歯のむし歯を放置してしまうと…その重要な役割を阻害したり、むし歯菌がお口の中でどんどん繁殖して、抵抗力の弱い新しい永久歯がむし歯になってしまうリスクが格段と上がってしまいます。
乳歯がむし歯になってしまったら放置せずに、しっかり治療してあげることが大切です。

スタッフ募集中!

ページの先頭へ戻る